産み分けの方法

産み分けで知っておきたいこと


産み分け方法についてまとめています。

 

近年の産み分け方法を実践した統計結果では
約80%の確率で産み分けに成功しています。

 

ここでは

  • 信憑性の高い産み分け方法を知りたい
  • 安全性についても知りたい
  • 失敗したくない
  • 病院へ行く前に知っておきたい

 

このような方に読んでいただきたい記事となっています。

 

安心して産み分けに取り組むために、全容を理解しておきましょう!

 

【何を知りたいですか?】
※タッチすると直ぐ読めます。

現在の産み分け方法

現在の産み分け方法には

  • パーコール法
  • タイミング法
  • エリクソン法
  • 電気泳動法
  • HCG注射
  • リン酸カルシウム
  • 中国式カレンダー
  • ブラジル式カレンダー
  • 基礎体温表を作る方法
  • おりもので予測する方法
  • 排卵検査薬を使う
  • ピンクゼリー
  • グリーンゼリー
  • 着床前診断
  • ライム洗浄
  • クランベリー法
  • 乳酸菌法
  • ルイボスティー
  • ノコギリヤシ

など、といった方法があります。

 

確実性の高い医学的な方法から民間療法としての簡単な方法まで様々です

>>最新の産み分けゼリーランキング公開中

産み分け方法を選ぶ前の準備


まず、産み分けを考えるのであれば、3か月以上は避妊をして基礎体温を測る必要があります。
4か月目以降も産み分けの方法を行う日以外は避妊を行わなくてはなりません。

 

産み分けにはある程度の長い期間を必要とすることを覚えておきましょう。

 

産み分けでは
夫婦で同じ気持ちを持つことが大切です。

 

 

「何よりも妊娠を第一目的」とし、「妊娠に対する不安を減らし」、「夫婦納得して協力しあう」こと
産み分けを行う上の大前提となります。

 

焦らずリラックスした状態で行うのが理想的です。

 

 

また、準備として大切なのは

  • 正しい基礎体温測定
  • 正しい避妊

です。

 

特に意外と抜けてしまうのが正しい避妊です。

 

具体的な避妊の方法としは

  • コンドーム
  • ピル
  • リング(IUD)
  • 基礎体温表で区別
  • ペッサリー
  • 殺精子剤

があります。

 

※産み分けを行う上ではピルやリングは使わないようにしましょう。排卵を調べることができなくなります。産み分けの方法実践の3ヵ月前には利用を中止しておきましょう。

【2つのポイント】産み分けを成功させるためにまず覚える事

強さ
  • 酸に強いX精子(女の子)
  • アルカリに強いY精子(男の子)
膣内寿命
  • 膣内寿命の短いY精子(男の子)
  • 長いX精子(女の子)

 

  • 男の子が欲しいならY精子を残らせる
  • 女の子が欲しいならX精子を残らせる

 

女性器の酸性度が産み分けを左右する

 

これが産み分け知識の基本です。

 

 

 

精子にはX精子Y精子の2種類存在しています。

 

そもそも人間というのは、DNAにより身体の大きさや形、性別等の要素が決まっているのです。

 

そして性染色体という部位が性別を決定しており、性染色体がXX型なら女性となり、XY型ならば男性となる事が判明しています。

 

女性の性染色体XX型である事から、遺伝する性染色体は必ずX型です。

 

ですが男性の場合は、XY型なのでX型とY型の性染色体があり、精子も2種類存在しています。

 

つまりどちらの型の精子を受精するかで、赤ちゃんの性別が決定するのです。

X精子の特徴

X精子の特徴とは、酸性の環境で有利に働く上に、寿命が2日から3日でY染色体よりも長いものの、数自体はY染色体よりも少なくなっています。

Y精子の特徴

Y精子の特徴とは、こちらはアルカリ性の環境で有利に働く上に、X染色体よりも2倍の数存在していますが、寿命が1日しかないという欠点を抱えているのです。この様に、X精子とY精子は対称的な特徴を有しています。

女の子が欲しい

女の子が欲しい場合は、染色体をXX型にする必要があるので、X精子を受精させる必要があるのです。
※排卵日の2日前を選んで刺激の少ないセックスを行う

男の子が欲しい

逆に男の子が欲しい場合は、染色体をXY型にしなければならないので、Y精子を受精させなければなりません。
※排卵日にオルガスムスに達するセックスを行う

 

 

そのため、産み分けに大切なのは、如何にして望む性別となる精子を受精させるかだったりします。

 

 

実際に、産み分けを実現する方法としては様々なやり方がありますが、多くの人々が実践しているのは、ゼリーを利用した産み分けと、パーコール法と呼ばれる方法です。

 

ゼリーを利用した産み分けは、ゼリーを使用して女性の膣内をアルカリ性と酸性にし、それぞれの精子の受精を促すという方法だったりします。

 

酸性の環境ならX精子の働きが活発化するので、受精して女の子が生まれ易くする事が可能です。

 

逆に膣内をゼリーによりアルカリ性にする事で、Y精子の働きを促し、男の子を生まれ易くする事が出来ます。

>>最新の産み分けゼリーランキング期間限定で公開中

 

もう1つのパーコール法ですが、パーコールと呼ばれる液体を入れ、X型とY型の精子を判別するのです。

 

その上で、希望する性別の精子を取り出し、人工受精する事で、産み分けを実現しようとする方法だったりします。

 

人工授精とセットで行わなければならないため、1回の費用はそれなりに高くなってしまうので、注意すべきです。

産み分け方法の成功確率は?

もっとも産み分けを実践する際に知っておくべきなのは、100パーセントの確率を得る事は不可能な事だったりします。

 

 

産み分けの成功率を説明しますと、成功率は約70パーセントから80パーセント程度です。

 

本来は50パーセントである事を考えれば、高い数字ですが必ず結果が得られる訳ではありません。

 

更に産分けスベきではない人もいるので、注意すべきです。

 

産分けスべきでない人の特徴とは、不妊治療を受けている人で、妊娠確率を引き下げてしまいます。

 

同様に高齢出産や月経不順の人は妊娠率を下げてしまうので、おすすめ出来ません。

 

次から
それぞれの産み分け方法について詳しく解説していきます。

女の子の産み分け方法


女の子の産み分け方法としては、さまざまな方法が存在していますが、その成功率は74パーセントから90パーセントまで高められるといわれています。

 

女の子産み分け方法の基本は
排卵日2日前のあっさりとしたセックス
です。

基礎体温表や排卵検査薬などで排卵日を確認
生理終了後に次の排卵予定日2日前の以前にもセックスをする
ピンクゼリーを使いたんぱくなセックスを排卵予定日2日前にする
後1週間は避妊する

>>最新のピンクゼリーランキング公開中

 

つまり基本はタイミング法

女の子の産み分け方法として、まず一つ目にタイミングをはかる産み分け方法が挙げられます。

 

これは子づくりをするタイミングによって、女の子を授かる確率を上げる方法です。

 

女の子を授かるために一番良いタイミングとしては、排卵日2日前に性行為を行うことです。

 

さらに女産み分けに有効な体位は、浅い位置で射精ができる

  • 伸長位
  • 後側位
  • 側臥位
などがよいでしょう。

 

排卵が起こるまでの間、精子は卵子を待つことになりますが、その際に短い寿命のY精子がどんどんなくなり、女の子ができるX精子の受精が高まります。

 

そして
授かりやすい日といわれている日以外は、しっかりと避妊をしておく必要もあります。

 

せっかく排卵日2日前に性交を行ったのに、その後の排卵日にも避妊をせずに性交を行った場合には、Y精子の方が有利に働いて、男の子を授かりやすくなります。

 

そのため、授かりしやすい日以外はしっかりと避妊を行うようにしましょう。

ピンクゼリーを使った方法


次にピンクゼリーを使った方法です。

 

ピンクゼリーとは、名前の通りゼリー状のもので、女性の膣内に挿入して、X精子の有利な酸性の環境を作り出し、女の子を授かりやすくするというものです。

 

病院やクリニックなどで処方(チョイスなど)されるため、相談してみると良いでしょう。
市販でも管理医療機器認定や特許を取得しているピンクゼリーもあります。

 

市販品では3種類ほどあります。

>>最新の産み分けゼリーランキング公開中

食事による女の子産み分け方法


そして食事による産み分け方法を行っている人も多く見られます。

 

これは、食べるものによって体内の環境を、女の子が授かりやすい状態にする方です。

 

女子産み分けに良い食べ物とは、
女性の場合には酸性の食品を、男性の場合にはアルカリ性食品を食べると良いと言われています。

 

女性が摂取したい酸性食品の代表としては
肉や卵、魚を中心とし、トマトやホウレン草、ミカンなどがよいでしょう。

 

男性が摂取したいアルカリ性食品の代表としては、
乳製品や海藻、ピーマンやキュウリ、ゴボウをなどがあげられます。

 

男性は女性が摂取したい酸性の食品は避けて、女性も同じように男性が摂取したいアルカリ性食品は避けるようにしましょう。
>>食べ物で女の子産み分けしてみた体験談

プロゲステロンを高める方法

そして赤ちゃんの産み分け方法として、女性ホルモンであるプロゲステロンを高める方法が実践されています。

 

プロゲステロンとは、女性ホルモンの一種で、リラックス効果や幸せな気持ちをもたらすホルモンだと言われています。

 

このプロゲステロンが高いと女の子が生まれやすいと言われています。

 

プロゲステロンを高める食事として、昆布や豆腐、山芋などを摂取するとよいでしょう。

男の子の産み分け方法


男の子を産みたいのであればY精子が届きやすくなるようにすることが必要です。

 

大切なのは

です。

 

基礎体温表で排卵日を予測する
2か月の間、リン酸カルシウムを服用し続ける
排卵日1週間前から禁欲しておく
排卵日にグリーンゼリーを使って濃厚なセックスを行う
妊娠確定までリン酸カルシウムの服用を続ける

 

産み分ける方法としては体調などに気をつける必要がありますが、外側からケアするのもオススメです。

グリーンゼリー

産み分けゼリーのグリーンゼリーは、膣の中をアルカリ性にすることでX染色体を減らす効果が期待できます。
Y精子を元気にできます。

 

また、リン酸カルシウムとは服用することで男の子を産むことができるとされていますが、なぜ男の子ができるのかというのは科学的にはわかっていないのが現状です。

 

男性ホルモンであるテストステロンが多いのも、男の子が生まれやすいとされています。

 

テストステロンを多くするには筋トレや赤身の牛肉を食べることなどが効果的となっています。

 

男の子産み分けに効果的な体位としては
より深く挿入できる形が良いとされています。

 

具体的には

  • 後背位
  • 屈曲位

などです。

 

男子産み分けに良い食べ物

男子産み分けに良い食べ物、

 

男性の場合には
赤身の牛肉の動物性のものと酸性が強い小麦やチーズ、ビールなど

 

女性の場合は
野菜などの植物性のものを中心に、きゅうりや人参、いんげんや大豆、レモンやリンゴアーモンドなどのアルカリ性のものを食べていきます。

 

男産み分けに有効な体位は、なるべく奥の方に精子を出すことが良いとされているため結合が深くなる正常位や女性の腰を浮かせる高腰位、肘膝位などにすると効果的だと考えられています。

 

 

また、禁欲して精子を濃くしておく、基礎体温を測って排卵予定日を見つけることなども大切です

ほんとに食べもので産み分けできるの?
人間の体は食べ物でできているので完全に影響しないとは言えませんが、
食べ物による産み分けへの効果は医学的な根拠はないとされています。

 

そもそも人間には自己制御機能があるため、短期間で食べ物を意識的に変えても
本来のph値に戻してしまうので大きな影響はないとされます。

 

ですが、排卵周期などには食事が影響を与えるため、
バランスよく食べることは大切になります。

クリニックでの産み分け医療【パーコール法】


クリニックでの産み分け医療であるパーコール法とは
パーコール密度勾配法とも呼ばれています。

 

産み分け方法の中でも成功確率が高い方法になります。

 

卵子と精子を、それぞれ採取してシャーレに落とす時に、男の子になるYと女の子になるXを分けるのがパーコール法です。
ターゲットの性別の精子をシャーレに落とすことになるので、産み分けが可能なのです。

 

パーコール法で分ける場合、まず精子を採取し、その後パーコール液につけ、遠心分離機にかけるという手順を踏みまます。

 

パーコール液という特殊な液体に精子を浸して遠心分離機にかけると、密度の違いでY精子とX精子とを分けることが可能なのです。
遠心分離機にかけると、Y精子は上に浮かび、X精子は下に沈みます。

 

シャーレに載せるときに上の方の精子を採取すると男の子の精子、下の方を採取すれば女の子の精子と卵子を受精させることができます。

 

パーコール法は、不妊治療を行っているクリニックであれば、ほとんどの病院で受けることができますが
現在は自粛傾向にあるため、まずは問い合わせてみましょう。

 

ただ、確実に産み分けられるわけではないので、そのことに納得してからパーコール法を行うことになります。

 

クリニックを選ぶ時は、実績のあるクリニックを選ぶことが大事です。

エリクソン法

アメリカの医師が開発した方法です。イギリスにて専門院が開かれています。

 

精子を遠心分離機にかけて特殊なフィルターでX精子とY精子を分離します。
成功率に対しての詳細なデータはありません。

電気泳動法

詳しくは精子分離用電気泳動法と呼ばれます。

 

陽極(プラス極)と陰極(マイナス極)にそれぞれ精子を集めて比較する方法です。

 

現在では通電後に精子が死んでしまうため、今後に期待されています。

HCG注射による産み分け効果と副作用


HCG注射による産み分け効果を説明します。

 

HCG注射は不妊治療法の一つで、卵胞ホルモンや妊娠を維持するために不可欠な黄体ホルモンの分泌すを促進する注射です。

 

注射をすると排卵が促されるため、その間に妊娠する可能性が高まるというものです。

 

せっかく受精が上手くいき、着床までいったとしても、黄体ホルモンの分泌が少ないと子宮内膜がはがれやすくなります。

 

そのような場合も、妊娠を継続させるために、HCG注射が必要とされることもあります。

 

だからといって、注射をしたからすぐに妊娠できるということではなく、やはり、注射の効果を活かすために体調を整えることも大切です。

HCG注射の副作用

HCG注射による効果が期待される一方、やはり副作用にも注意が必要です。

 

HCG注射の副作用には卵巣過剰刺激症候群があります。

 

卵巣過剰刺激症候群は、特に注意が必要です。

 

これは排卵誘発剤によって、卵巣内の卵胞が過剰に刺激され、卵巣が腫れてしまう病気です。

 

ほとんどが軽症で済みますが、なかには腹水や胸水というような重篤な症状を引き起こすこともありますので、注射をした後に、違和感や何らかの症状が現れた場合には、すぐに担当医に相談して下さい。

 

>>クロミッドの産み分け効果と副作用

 

 

>>【病院へ行くほどでもない】最新の産み分けゼリーまとめ

 

産み分け成功率を上げる方法=排卵日を自宅で知る方法


産み分け妊娠の可能性を高めるためには、産み分け妊娠の可能性がある時に性行為を行うことが重要です。

 

そのためには、排卵日について詳しく知る必要があるのです。

 

排卵日を正確に知る方法を説明します。

 

病院では、ホルモン検査や超音波検査を行えば、正確な排卵日が予測できます。

 

ただ、自宅でも排卵日の予測はできます。

排卵検査薬

ひとつは、排卵検査薬を使う方法です。
この検査薬は、尿から出る黄体形成ホルモンの放出を感知できる検査薬です。
一般な検査薬だと、排卵日の32時間から38時間前に陽性が現れるので、事前に排卵日を予想できます。
>>排卵検査薬で産み分け体験談

基礎体温表

昔からよく使われているのが、基礎体温表を作る方法です。
基礎体温表を作ることで、体内のホルモンバランスを把握することができるのです。

 

卵胞ホルモンと黄体形成ホルモンの影響により、基礎体温は変化するので、継続して基礎体温を記録することで、自分が持っているリズムが把握でき、排卵日を予測できます。

 

記録を継続することで、一定のパターンがわかります。

 

体温が上昇する直前に一気に下がる日があり、それが排卵日だと考えられてきましたが、超音波により卵胞が確認できるようになると、排卵日とは必ずしも一致しないことが分かりました。

おりもので予測する方法

排卵日は、おりものでも予測することが可能です。

 

子宮頚管から分泌されるおりものは、月経の後しばらくは乾いた状態が続きますが、排卵が近くなると、おりものの粘度が高くなり、量が増えたりします。

 

ただ、女性の中には、おりものに何の変化も起こらずに排卵が起こるケースもあるので、目安として活用することが大事です。

 

 

排卵日をなるべく正確に予測したい場合は、病院で超音波検査を行い、尿や採血によってホルモンを検査するのが一番です。

 

 

不妊治療を行っているクリニックでは、専用の機械を入れているケースが多いため、1時間くらいで検査結果がわかります。

 

検査費用は、診察を受ける回数や、薬や注射の有無などによって異なります。
保険が適用される場合は、数千円で済みます。

 

>>福さん式排卵日特定方法をやってみた体験談

 

 

>>最新の産み分けゼリーランキング

産み分けカレンダーを使った方法


産み分けカレンダーには2種類あります。

 

中国式産み分けカレンダー

中国式の場合は昔の統計から算出したカレンダーを使います。

 

国式産み分けカレンダーは700年前に中国の科学者が王宮での男女の出生記録をまとめ、受胎した時の数え年と受胎月から子供の性別を予想するものです。

 

これは「産み分け占い」とも言われ、アジア人の場合は90%、アメリカ人の場合は85%の確率で当たるとも言われています。

 

しかし、100%ではないので、あくまで占いとして楽しむように利用することをおすすめします。

中国式カレンダーの読み方

中国式カレンダーの読み方を説明します。

 

まず、このカレンダーで照らし合わせるのは女性の受胎した際の数え年と受胎月なのですが、これはそのまま通常通り照らし合わせることができません。

 

このカレンダーは700年前のものを用いているため、きちんと照らし合わせるためには当時の暦の読み方や数え年の算出法が必要になります。当時は太陰暦を使用しているため、今と一年間の日数が11日間も異なります。

 

そのため今のカレンダーとは異なります。

 

そして、数え年も実年齢とは異なります。

 

数え年の場合は生まれた年を一歳とし、1月1日を迎えるたびに一歳年をとります。

 

そのため、一年のうち誕生日を迎えるまでは実年齢に2歳足し、誕生日以降は実年齢に1歳加えたものが数え年になります。

 

このように、中国式産み分けカレンダーの読み方は簡単ではありませんが、今はネットで「中国式産み分け占い」を検索して簡単に照らし合わせることができます。

 

このように、中国式産み分けカレンダーとは受胎月と女性の数え年から子供の性別を予想するものです。

 

ただし、この通りに性交渉をしたからといって必ずしも希望通りに男の子、女の子を授かるわけではありません。
そのため、あくまで占いや予想として楽しむことをおすすめします。
>>中国式カレンダー占いツール

ブラジル式産み分けカレンダー

ブラジル式産み分けカレンダーを説明します。

 

まず、ブラジル式産み分けカレンダーとは
女性の満年齢と受胎月を照らし合わせることで、赤ちゃんの性別を予想するカレンダーです。

 

その発祥については詳しくわかっておらず、ただブラジルで誕生したということしかわかりません。

 

しかし、その的中率は85%と言われており、高い確率でどちらか性別が予想できるようになっています。

ブラジル式カレンダーの読み方

ブラジル式カレンダーの読み方を説明します。

 

中国式の場合は昔の統計から作成されたもので、旧暦の太陰暦と女性の数え年で見る必要があるため、わかりにくい場合があります。

 

しかし、ブラジル式カレンダーの読み方は簡単です。

 

今のカレンダーに使われている太陽暦での受胎月と女性の受胎時の実年齢を専門の表に照らし合わせるだけです。

 

この2つを照らし合わせるだけで、赤ちゃんが男の子か、女の子か予想することができます。

 

通常、どちらの性別で生まれてくるかは確率は50%です。

 

それに比べると的中率85%という確率は高く、これを参考に妊活をする方もいますが、100%の確率で希望の性別の赤ちゃんを授かるわけではありません。

 

また、このカレンダーを元に妊活をするようにしてしまうと、希望しない性別の月に受精しないようにしてしまうので妊娠の確率も低くなってしまいます。

 

また、予想と異なる性別の場合もあります。

 

そのため、このカレンダーだけをあてに性別を決めないようにして下さい。

 

このように、ブラジル式産み分けカレンダーは中国式と違い、読み方の簡単な産み分けカレンダーです。

 

どちらか性別を予想してみたいという時に参考にすると、生まれてくる時の楽しみを増やすことができます。

 

たたし、当たることもあれば外れる可能性もあるということを忘れないようにして下さい。
>>ブラジル式カレンダー

 

 

>>【カレンダーと合わせて確率UP!】最新の産み分けゼリーランキング

タイの産み分け方法〜産み分け費用


タイの産み分け方法を説明します。

 

方法としては産み分けゼリーを使用して確率変動させるか、最先端医療の技術を用いて「着床前診断」を実行します。

 

希望する性別をドクターに伝えて、受精卵のみを子宮に戻して、産み分けを成立させるのが特徴的です。

 

この手段は膣内のph(ペーパー)値をゼリーで調節して、希望する性別の赤子を産めるように確率調整する手段と全く違います。

 

「着床前診断」はほぼ100%の確率で産み分けを成立させますから、単なるゼリーを使ってph値調整するやり方とは異なるのが決定的です。

 

しかし、
「着床前診断」はリスクがあります。

 

最先端医療を用いたその手段を行う前に、受精卵の状態を検査しなければいけません。

 

これを[着床前診断前]と呼びますが、タイでは両方共に意図的な産み分けとして利用する事が禁止されています。

 

2014年から軍事政権により、規制がかかりましたが、現在でも闇の世界や裏医療で実行されているのは否定できません。

 

また、タイでの産み分け費用とは、違法(着床前診断)に該当して、正式に医療費を請求できないのが事実です。

 

相場としては250万前後になりますが、タイでは禁止された手段であり、アメリカでは合法的な医療処置と言えます。

>>【国産】最新の産み分けゼリーランキング

 

その他の産み分け方法

上記の産み分け方法は成功確率の高いものとなっています。

 

これから紹介する方法は民間医療としての産み分け方法となりますので
確実性や安全性は落ちますので慎重に判断してください。

ライム洗浄による産み分け方法


ライム洗浄とは、薄めたライム果汁の酸性成分を膣内に注入して洗浄して行うクエン酸洗浄による産み分け方法の一つです。

ライム洗浄のやり方

ライム洗浄のやり方を説明しますと、

 

用意する物は、

  • 使い捨てが出来る携帯用ビデ
  • ライム
  • 絞った果汁を入れる容器
  • 小さじスプーン
です。

 

ライム洗浄の方法は、最初に使い捨てビデの中身に入っている精製水を小さじ1から2杯捨てます。

 

その中に絞ったライムの果汁を小さじ1から2杯入れ、産み分けセックスの5分から10分ほど前に膣内洗浄します。

 

ライムの果汁を搾る時は、絞り器を使うとライムの粒や繊維が混じってしまいますので、何等分かに切ってから手でギュッと搾ると良いです。

 

そして洗う際には洗浄液が下に垂れてしまいますので、トイレやお風呂場など濡れても良い場所で洗浄すると安心です。

 

ライム果汁の濃度は、あまり酸性が弱すぎてもやる意味がなくなってしまいますし、強すぎると膣が荒れてしまう原因にもなりますので、小さじ1から2の範囲で行います。

 

ライム洗浄で膣内のpH調整を行う事で女の子になるX精子が酸性に強い事から、精子の生存環境となる膣内を酸性に傾ける事が期待出来、女の子の産み分け確率は高くなります。

クランベリーの産み分け効果


クランベリーの女の子の産み分け効果を説明します。
女の子が生まれる条件として、男の子がX精子とY精子あるのに対して、女の子はX精子のみであることから、X精子のみができる条件は酸性の環境を作ることです。つまり女性の膣内が酸性であると、女の子が産み分けできると言うことがいえます。

 

クランベリーには膣内を酸性にする働きがあると言われています。クランベリーの含有成分としてプロアントシアニジンとキナ酸というポリフェノールがあり、これは酸性物質ですので体内が酸性化し、膣内も同様になる可能性が高いと言われています。

 

そして上記のようにXとYとある精子ですが、Y精子のほうがX精子より泳ぐスピードが速いため、Y精子が子宮に先に到達しても、2日間排卵を待っている間に24時間しか生きられないY精子は死んでしまってX精子しか存在しなくなり、結果、女の子ができるということです。

 

クランベリーが体内を酸性化し、女の子ができる確率が高まる理由は以上のことからですが、女の子を産み分けるのに効果的なクランベリー(サプリ)量は1日2000mg(2グラム)だそうです。

 

そして飲むタイミングは排卵日までとのことで、それ以降飲むことは母体の安全面が現状、確認されていないのが理由です。また実際には産婦人科医師と十分に相談しながら行うべき事項と考えます。
>>クランベリーで女の子の産み分け体験談

 

 

>>【産み分け確率80%も】最新の産み分けゼリーランキング

乳酸菌法による産み分け方法


男女の産み分けを希望している場合、乳酸菌を使う事が有効な手段の一つとされています。

 

ダイエットや腸内環境を整えるのに有効とされている乳酸菌は、女の子の赤ちゃんを希望する場合にも有効だと言われています。

 

女の子の赤ちゃんになるx染色体は、女性の膣内環境が弱酸性になると生きやすくなるという特徴を持っています。

 

女性の膣内は元々アルカリ性なので、x染色体は長く生きていくことができません。

 

そのため、多くのx染色体は、卵子と受精する前に死んでしまう事が多くなります。

 

女の子の赤ちゃんを希望していても授かりにくいのは、膣内環境がアルカリ性の状態という事が原因の一つとされています。

 

膣内環境を弱酸性にするためには、乳酸菌を摂取するのが有効な手段とされています。

 

しかし、弱酸性にするためには、どんな乳酸菌でもよいというわけではありません。

 

ビフィズス菌やガゼリ菌などではなく、アシドフィルス菌と呼ばれている乳酸菌が膣内を弱酸性にするのに有効だと言われています。

 

サプリメントなどでアシドフィルス菌を定期的に摂取し、腸内環境を弱酸性に保ちながら女の子を授かりやすくさせていく事が、乳酸菌法による産み分けの方法です。

ルイボスティーによる産み分け効果


ルイボスティーによる産み分け効果を説明します。
美容や健康に効果ありと今話題となっているルイボスティー、産み分け効果も期待されているのです。

 

とはいえ、直接的にその効果は実証されてはいません。

 

「カフェインを摂取するとY精子が活発になる可能性がある」ということからルイボスティーに置き換えてカフェインを控えることで女の子が生まれやすくなるという程度です。

 

元々、カフェインは子宮収縮作用などあることから妊娠中はNG。

 

日頃はコーヒーをよく飲んでいるという方もこの時期はたんぽぽコーヒーで代用するなど木を使っているのではないでしょうか。

 

ルイボスティーにはたくさんのミネラルが含まれていますし、フラボノイド類も含まれており抗酸化作用・免疫力を高める作用などもあります。

 

代謝機能も高まるため血液中の老廃物を減らすことができます。

 

ルイボスティー生活に変えたからといって必ずしも女の子を産むことができるとは限りませんが、胎児にも妊婦さん自身にもよい成分がたっぷりの飲み物なので飲んでいて損は無いでしょう。

 

ただ、ルイボスティーは南アフリカが原産。

 

温かい国の飲み物のため体を冷やす作用があります。

 

冷たいものを大量にがぶ飲みするのは控えておきましょう。

ノコギリヤシによる産み分け効果


通販やドラッグストア等でサプリメントとして販売されている主に北アメリカ南部で栽培されているバーブの一種であるノコギリヤシによる産み分け効果を説明します。

 

ノコギリヤシは、髪の毛に関する抜け毛の緩和、頻尿や残尿感等の排尿関係のトラブルを和らげたり、前立腺ガンの予防に効果が有りますが、他にも男性ホルモンの生成抑制の効果を持ち合わせていますので、体調改善や美肌効果、すっきりとした朝の目覚めの効果が期待出来ます。

 

産み分け効果では、男性は前立腺の炎症予防効果による精力減少の改善効果が有りますし、女性は女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの分泌を高める事でリラックス効果やバストアップ効果をもたらすと同時に女の子が生まれやすくなったり、受精効果が高くなる効果が有ります。

 

ノコギリヤシのサプリメントの摂取に関して注意する事は、男性ホルモンの生成抑制効果が有りますので、女性の場合は妊娠してから授乳が終了するまでは摂取しない事です。

 

理由は胎児のホルモンバランスが崩れて流産や早産を引き起こしたり、月経サイクルの異変による生理不順で体調悪化になったり男性ホルモンの低下による脱毛症状が発生する事です。

 

以上が産み分け方法の1つとして挙げられていますが確実性、安全性には留意して行ってください。

 

さらに

  • プルーン
  • プラセンタ
  • プロペシア
  • プレシード
  • ポカリスウェット
  • バナナ

などを使った産み分け方法も存在しますが、いずれも噂レベルですので慎重に判断して行うようにしましょう。

 

産み分けの意外なメリット


産み分けは男女の好みで行うことが多いとされますが、
遺伝性の病気回避としてのメリットが存在するのをご存知でしたか?

 

産み分けを行うことによって

  • 夜盲症
  • 仮性肥大症
  • 色覚異常
  • 筋萎縮症
  • 血友病

といった伴性遺伝を回避することが可能です。

 

血友病を持つ親の場合、女の子に産み分けることで
病気の発症が起きないとされています。

 

また、色覚異常の遺伝をさせないためには
男の子の産み分けが良いとされています。

 

産み分けの疑問点

病院での産み分け費用はどのくらい?

病院に通院での産み分け費用は初診料で約10000円、
1回約7000円〜となっています。

 

保険適用外となりますので病院によっても変化します。

 

加えて産み分けグッズの価格相場としては

  • リン酸カルシウム>>約3000円(1カ月分)
  • 排卵検査薬>>6回分約6000円
  • ピンクゼリーまたはグリーンゼリー>>4回分約11000円

となります。

産み分けで奇形児の確率は?

産み分けに使われるリン酸カルシウムやゼリーにて奇形児が生まれたというデータは今のところ報告されていません。
>>リン酸カルシウムの体験談

二人目の産み分けはいつから?

母体の体力、精神面、生活環境を考えると1年間後からのスタートが望ましいとされています。

産み分けゼリーでかぶれてしまう

安全性の高い産み分けゼリーであってもかぶれる方はいらっしゃいます。産み分けにゼリーは必須ではないので他の方法を選ぶびましょう。

酸性の食品で大丈夫なの?

産み分けゼリーがない時代の名残です。基本的には食品になりますので膣内に適した濃度でも安全性でもないため、おススメはされていません。

ゼリーは一回の生理で何回使えますか?

1回が基本になります。ゼリーの安全性としては連続で何回でも使えますが、効果としては1回の生理周期で1回のみが有効とされています。産み分け方法ではタイミングを合わせた日以外は避妊をしなくてはならないため、ゼリーを使ったとしても無意味になるということです。

男腹、女腹って本当?

科学的根拠は一切ないとされています。気にする必要はありません。結果的に男の子が多く生れた、女の子が生まれたの違いです。

【30代ママが選ぶ】産み分けゼリーランキング公開




病院でのゼリーと市販のゼリーに成分的な大きな違いはありません。

ただし
管理医療機器としての認可の違いはありますので安心性を重視するのであれば病院か
管理医療機器の認定を受けているゼリーを選びましょう!

そのほか
病院と市販品の違いとして
市販品の一部の商品では余ったゼリーの返品買取が可能な点です。

一般的なゼリーの使用期限は2年となっています。

純国産品は以下の3つのみになります。

※ランキングはアンケートや売り上げデータをもとに算出しています。
※ピンクゼリーは実際に当サイト編集部で比較購入しています。
ジュンビーのピンクゼリー





【特徴】
  • 産婦人科医との共同開発
  • 管理医療機器の認定済み
  • ゼリー容器の特許を取得
  • 日本の産み分けゼリー専門会社
  • めんどうな湯煎が不要
  • 余ったら10000円で買い取り
【編集部の感想】
産婦人科医との共同開発や管理医療機器の取得といった信頼面が他のピンクゼリーと比べてダントツでした。
温度管理の難しいピンクゼリーですが、湯煎などが必要ないのも編集部女性スタッフに支持されています。
病院でのピンクゼリーでは成分開示がありませんが、こちらのゼリーでは全成分が表示されている点も安心感が大きいようです。
二人目の産み分けに選ぶ方が多いのは安心感が大きいのが理由かと思います。
配達時の商品名は「JP]となっていますのでプライバシー保護もしっかりしています。
食べても問題ないです。
【商品データ】(2セット購入の場合)
  • 1本1330円(10本入り)
  • 送料無料
  • プレゼントキャンペーン中
  • 余ったら10000円で買い取り
【公式サイト】
こちらをタッチで確認できます>>http://pink-jelly.jp/

ベイビーサポート(グリーン・ピンク両方あり)



【特徴】
  • ピンクゼリー、グリーンゼリー両方あり
  • 国産天然成分
  • クリーンルームでの限定製造
  • 余ったら買取可能
【編集部の感想】
商品としては「雑貨」の位置づけになりますが、産み分けゼリーとしては老舗になります。
国産の天然成分と徹底された衛生管理で信頼を獲得しています。
余った際にはバラで買取もしてくれます。
【商品データ】(2セット購入の場合)
  • 1本約1577円(7本入り)
  • 送料無料
  • 余ったら買取可能
【公式サイト】
こちらをタッチで確認できます>>http://baby-support.jp/


ハローベビー潤滑ゼリー(グリーン・ピンク両方あり)



【特徴】
  • 国産天然成分
  • ピンクゼリー&グリーンゼリー取り扱い
  • デリケートゾーンケアサプリプレゼント中
【編集部の感想】
  • こちらも商品としては「雑貨」の扱いになりますが老舗です。純国産にこだわったゼリーで、男性面に特化したプレミアムタイプもあるのが特徴的です。
【商品データ】(2セット購入の場合)
  • 1本1285円(7本入り)
  • 送料無料
  • アマゾンプライム利用可能
【公式サイト】




>>産み分け方法トップに戻る

<あとがき>
結婚した夫婦が、子供を欲しがるというのは自然な流れです。最近は産み分け方法の需要が増えているためか、雑誌などで取り上げられることも増えていますね。確かに子供を授かる事自体、非常におめでたい事ですが、男の子と女の子では、子育ての方法が違います。しかも最初の子は手が掛かり難く、育て易い女の子が良いとか、既に女の子がいるから、次は男の子が良いといった具合に、生まれて来る子供の性別に対し、希望を持つ親も珍しくないです。どうせ子供を授かるなら、出来れば希望する性別の子供が生まれて来て欲しいと願うのは、仕方がない話だったりします。そのため最近では、実際に生まれて来る子供の産み分けを実践している夫婦も増加しているわけです。そんな産み分けに大切なのは、まず正しい知識(方法)を身につける事です。産み分けの知識がいい加減だと、産み分けするつもりが逆効果となる方法を実践してしまうケースも十分あるので、正しい知識を身につけた上で、実践する事がまずは大切です。産み分けはご自身次第で結果が変わります。真摯に取り組むことが大切です。赤ちゃんの性別は、卵子に受精した精子の種類によって男女が決定します。精子がX染色体であれば卵子と結合することでXX染色体になって女の子が生まれ、Y染色体であればXY染色体となって男の子が生まれます。つまり、赤ちゃんの性別を決めるには精子が重要となります。産み分けをするためには、女性の膣内の状態も重要です。基本的に女性の膣内は酸性ですが、排卵日には酸性度が弱くなりY精子の活動がしやすくなります。逆に排卵日から日を開けると酸性度が強くなりY精子が減って、X精子が生き残りやすくなります。精子の数が多いことも重要となってきます。女の子になるX精子は酸性に強くアルカリ性に強い精子であり、寿命が2〜3日と長いですが、数か少なく動きが遅いという特徴があります。Y染色体はアルカリ性に強く酸性に弱く、寿命が1日だけでX染色体の約2倍の数で、動きが早いという特徴があります。